So-net無料ブログ作成

マイナンバー制度の利点(メリット)は? [マイナンバー制度とは]

国民にとって、マイナンバー制度を導入する利点(メリット)はあるんでしょうか?

ざっくり言うと
個人情報の一本化による国民と国の両方にとっての利点(メリット)
●行政手続きの迅速化・正確性の向上
●行政手続きの簡素化・国の経費削減
●適正・公平な課税
●年金などの未払い・不正受給の防止

◆行政手続きの迅速化・正確性の向上
2007年の年金記録問題がマイナンバー制度導入のきっかけとされています。

今後、国民はマイナポータルという個人用サイトが導入されることにより、自分の情報を自分で確認する事が出来ます。加えて、他人がどのように自分の情報にアクセスしたかも確認出来るようになります。

情報の管理がシンプルになるので、各機関での作業の無駄が削減されるし、各機関の間でやりとりされる情報の間違いが起きにくいと言われています。加えて、国民一人一人が自分の情報に関心を持ち、間違いがないかどうか積極的にチェックすることも可能になります。

※マイナポータルはマイナンバーカードを取得することで利用可能となるようです。マイナポータルは2017年1月からの運用開始予定となっています。

◆行政手続きの簡素化・国の経費削減
マイナンバー制度が導入されると、情報の共有化により、行政側では必要な情報にアクセスすることが可能になるので、あなたが沢山の書類を準備する必要がなくなるかも知れません。

※情報は一元管理となるわけではなく、各機関で分散管理されるが、共通の番号があるおかげで、情報がスムーズにやりとりできるということです。

国にとっての利点(メリット)
結果的に、公務員の人員・勤務時間の削減や、紙類の削減による、国の経費削減が可能になり、税金使用の無駄が減るかも知れません。

国民にとっての利点(メリット)
あなたは今後、マイナポータルを利用する事によって行政の窓口に出向く必要はなくなるかもしれません。あなたの大切な時間を、行政にかける時間が大幅に短縮されます。

◆適正・公平な課税
申告漏れなどの脱税が難しくなり、公平な課税が実現するかも知れません。

◆年金などの未払い・不正受給の防止
人為的ミスによる未払いの防止。
本人確認をすることで、不正受給を未然に防ぐことが出来るかも知れません。

関連記事
マイナンバーの情報提供ネットワークシステム

マイナンバー目次



スポンサーリンク






マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。