So-net無料ブログ作成

マイナンバーカードのメリット(利点)は? [マイナンバーカードとは]

マイナンバーカードを申請するメリット(利点)ってあるんでしょうか?

ざっくり言うと
個人情報の一本化による国民にとってのメリット(利点)
●行政手続きがオンラインで可能
●コンビニ交付サービスの利用が可能
●複数の行政サービスが一つのカードに一本化
●各種民間のオンライン取引が可能

◆行政手続きがオンラインで可能
例をあげると、現在の引っ越しの手続きの場合、引っ越しする前の自治体で住民票を発行してもらい、その後引っ越し先の自治体に住民票を提出する必要があります。

マイナンバーカードを取得すると、マイナポータルを利用出来るので、インターネットで手続きが出来るようになります。紙も必要なくなるし、引っ越し前の自治体も、引っ越し先の自治体もオンラインで情報を確認出来るので、あなたは自治体に出向いて書類を提出する必要がなくなります。

※マイナンバー通知カードだとマイナポータルにログイン出来ない仕組みになっています。マイナポータルは2017年1月からの運用開始予定となっています。

関連記事
マイナポータルとは

◆コンビニ交付サービスの利用が可能
コンビニにあるコピー機や、キオスク端末を利用して、住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得出来るそうです。

現在、約100市区町村がサービスを導入していて、平成28年度中に、さらに300市区町村が新規にサービスを開始するようです。

今後は約500の市区町村が導入を検討しており、1億人を超える国民がサービスを利用出来る見通しとなっているそうです。

関連記事
マイナンバー(個人番号カード)のコンビニ交付

◆複数の行政サービスが一つのカードに一本化
近い将来、健康保険証や印鑑証明、図書館カード、運転免許証など様々なサービスがマイナンバーカード(個人番号カード)に一本化する事が可能になると言われています。

カードを一元化するのが嫌な人は、従来通り複数のカードを持つことも可能のようです。

◆各種民間のオンライン取引が可能
オンラインバンキングをはじめ、各種の民間のオンライン取引が利用出来るようになる予定だそうです。

関連記事
マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。