So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバー通知カードとTSUTAYA(ツタヤ) [マイナンバー 提出先]

レンタルショップのTSUTAYA(ツタヤ)が、マイナンバー通知カードを新規登録の際の本人確認に利用していたことが1月25日分かったそうです。

政府の担当者は、マイナンバー通知カードを本人確認書類として使うことは適切ではないとしています。

内閣官房社会保障改革担当室の担当者は、
「防犯カメラに写ったり、店員が間違えてコピーしたりして、個人番号が流出してしまう可能性があるため、こういった利用は適切ではない」としています。

ツタヤは、1月26日以降は利用しないよう全国の店舗に通知するとしています。

ちなみにマイナンバーカード(個人番号カード)はレンタル店などで、身分証明書として使っても良いそうです。(内閣官房マイナンバーQ&Aより)

その場合でも、裏面のマイナンバーをレンタル店などが書きうつしたり、コピーをとったりすることは禁止されています。つまり、身分証明書として使っても良いけれど、マイナンバーは決して見せてはいけないと言うことです。

マイナンバーカード(個人番号カード)は裏面のマイナンバーを隠すビニールケースに入れて交付されます。

私個人としては、いくらマイナンバーカードを身分証明書としてレンタルショップで提示しても良いと言われても、このような使い方はしないと思います。

万が一失くしても困るので、あまり外に持ち出さないと思います。

関連記事
マイナンバー制度とは 2
マイナンバー提示で注意する事

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。