So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバー詐欺の例 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバー詐欺の例をネットで調べてみました。

◆電話でお金は「詐欺」
詐欺例①
「有料サイトの料金が未払いで、放置すると訴訟になり、履歴がマイナンバーに登録される」という不審なメールが架空の「国民消費生活組合」と名乗るものから届く。

その後メールにあった電話番号に電話すると、電子マネーを購入するように指示されたり、お金を振り込むように要求されるようです。

※訴訟履歴がマイナンバーに登録されることはないと消費者庁は注意を呼びかけているとのこと。

詐欺例②
「番号が流出しているから、お金を払って変えたほうがいい」

※マイナンバーが漏えいして不正に用いられる恐れがあるを認められた場合に限り、本人申請または、市区町村長の職権により変更することができます。

電話でマイナンバーの変更は出来ません。

関連記事
マイナンバーを紛失!再発行できる?

詐欺例③
「マイナンバーの暗証番号が漏れている。キャッシュカードや通帳を回収して確認します」と警察官を装う男からの電話。信じた女性は自宅近くに現れた男にキャッシュカードなどを手渡した。

※マイナンバーに関して、お金が求められることは絶対にないので、いかなる理由があっても、金銭を支払ってはいけませんとのことです。

◆特殊詐欺で使われるお金の受け渡し方法
①現金自動預払機(ATM)などで振り込ませるパターン
②本来は禁じられている宅配便での送付を依頼してくるパターン
③自宅に受け取りに来るパターン

そのやりとりのほとんどが電話だそうです。

※電話でかかってきただけで相手を信用しない。
「電話は相手の顔が見えないので、声だけで相手を信用しないようにしよう。」と普段から意識しておく。

関連記事
電話でマイナンバーは詐欺!

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。