So-net無料ブログ作成
検索選択

海外へ引っ越す時のマイナンバー [マイナンバー 海外]

海外へ引っ越す場合、マイナンバーはどうすればよいのでしょうか?

内閣官房のホームページより
「個人番号カード・通知カードどちらも返納が必要です。ただし、国外転出後に個人番号カード・通知カードは失効しますが、当該カードを返納した者がマイナンバーを把握する手段を確保するため、当該カードの返納を受けた市町村長は、国外への転出により返納を受けた旨を表示し、当該カードを返納した者に還付します。」

マイナンバーは日本に住民票がある人に付与されます。

海外に引っ越す(海外に住民票を移す)場合は、引っ越す前(日本)の住民票の届け出のある市区町村へ、マイナンバー通知カード及びマイナンバーカードの返納が必要です。

返納を受けた市区町村は、カードに「国外転出の為失効」というような内容の記載をし、失効したカードを再び本人に返すそうです。

市区町村に返納したカードがまた再び返ってくる理由ですが、マイナンバーは一生涯番号が変わらないので、海外に転出して、いったんマイナンバーが失効しても、また再び日本に転入する時のことを想定しているんですね。

つまり、再び海外から日本に住民票を移した場合は、失効していたマイナンバーを復活させて、再び同じ番号を使用することになるので、本人が自分のマイナンバーが分からないと困るので、返すそうです。

日本に帰国後、転入届をしたときにマイナンバーが住民票に記載される。

関連記事
海外在住者の送金はマイナンバーなしでも可能

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。