So-net無料ブログ作成

マイナンバーと副業と確定申告 [マイナンバー 副業]

マイナンバー導入で副業はばれるのでしょうか?
確定申告は必要でしょうか?

◆副業所得の合計が20万円以下なら確定申告の必要はなし?
副業所得の合計が20万円を超える場合、確定申告が必要だというのは所得税の話です。
副業所得の合計が20万円未満であっても、市区町村の税務課へ住民税の申告はする必要があるそうです。

理由は、住民税はすべての収入に対して係る税金だからです。
確定申告をした場合は、別途市区町村の税務課への申告は必要ありません。

◆無申告は危険
マイナンバー導入で税務署は国民の所得の把握が副業も含めて容易になります。
マイナンバーの導入で、税務署や市区町村は無申告を簡単に見つけることが出来るようになるでしょう。

確定申告をしないということは、無申告がバレた時に、過去何年分かの税金分も徴収されるというリスクを背負うことになります。

◆無申告でバレるパターン
・現金所得の場合、会社が経費として計上すれば会計帳簿から税務署にはバレてしまいます。
・副業の会社は市区町村の税務課に給与支払い報告書を提出していることが多いため、市区町村から本業の会社へ副業分を含めた住民税が通知されてしまいます。

関連記事
マイナンバー制度で副業はばれるの?
普通徴収にしても副業はバレる?
FXとマイナンバー

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。