So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバー 紛失のリスク なりすましや架空請求 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバーを紛失した時のリスクとして、なりすましや架空請求の可能性はあるのかを考察したいと思います。

なりすましが成立するのは、本人確認が確実に行われていない状態の時です。例えば、電話やメールなどでは相手の顔が確認出来ないので、相手が誰なのか分かりませんよね。

マイナンバーを既に導入している国の中で、アメリカなどは、社会保障番号(アメリカ版マイナンバーのこと)を使った詐欺被害が多いことで知られています。

アメリカの場合、住所と名前と社会保障番号だけで本人確認がされるそうです。これでは簡単に他人がなりすますことが出来てしまいます。

だって、番号と名前と住所を盗めば誰でもなりすましが可能ですから。

エストニアでは、国民IDカード(エストニア版マイナンバーのこと)は公開されています。つまり、他人に知られても全く問題ないというわけです。

エストニアでは万が一カードを紛失しても、暗証番号が漏れない限り個人情報の漏えいの心配はないそうです。

エストニアの詳しい内容は分からないのですが、この国の例からひとつ言えることは、カードの暗証番号は絶対に他人に知られないようにした方が良いと言うことです。

マイナンバーカードに設定する暗証番号は、自分の誕生日など、他人が簡単に推測出来るような番号は止めた方が良いでしょう。

マイナンバーカードを紛失しただけでは、データは読みとることは出来ません。不正アクセスに遭遇すると、マイナンバーカードの内容は自動消去されるしくみになっています。

マイナンバーカードを紛失した事に気づいたら直ちにマイナンバーコールセンターに電話して、カードの機能を停止する必要があります。

マイナンバーの問い合わせ一覧
↓暗証番号の再設定の仕方
マイナンバーカードの暗証番号を忘れた場合の問い合わせ

もうひとつ気を付けなければいけないのは、「なりすまし」に騙されないようにすることです。

例えば、電話やメールは最初から疑ってかかることです。だって顔を確認していないわけですから。普段から電話やメールは相手が分からないからすぐに信用してはいけないと意識しておくことが大事ですよね。

架空請求も、自分で使ったか使っていないかは分かりますよね。
自分の記憶にない請求はまずは疑いましょう。

架空請求に記載されている電話番号に電話をかける前に、その電話番号を検索エンジンで検索をかけてみてください。するとたいてい詐欺だと言う口コミが上位に表示されると思います。

もし、検索結果に表示されなくても、自分に自信を持って自分で使っていないと思う請求は警察に相談しましょう。

架空請求の場合はそのまま何もせずほおっておけばいいです。何も起こりませんから。
架空請求先の電話番号に絶対に電話しない、メールの返信もしないことが大切です。

警視庁 インターネットトラブル相談

関連記事
電話でマイナンバーは詐欺!
マイナンバー詐欺の例
マイナンバー提示で注意する事
マイナンバー提示で注意する事2

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。