So-net無料ブログ作成

マイナンバーと扶養家族 [マイナンバー 会社]

マイナンバーと扶養家族について調べました。

会社務めをしている方は、家族を扶養に入れている方も多いですよね。

扶養控除とは、扶養家族がいる納税者の所得税が軽減されるわけですよね。

これからは、年末調整などで配偶者及び扶養親族のマイナンバーも記載が義務づけられます。ですので、適切な申告をしないといけないです。

きちんと扶養控除の適用の範囲内かどうかを確認する必要があります。

ちなみに年末調整で提出する「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、所得税以外に、住民税の申告書も兼ねています。

気をつけたいのは、家族に収入がある場合、マイナンバーにより、国税庁に家族の収入がバレてしまうんですね。

どんな風にバレるかというと、家族の勤め先の会社の源泉徴収票でバレるんですね。(あるいは家族の務めている会社が市区町村に提出する給与支払報告書でバレる。)

ですから、夫婦共働きだったり、家族がアルバイトをしていて、扶養控除の適用外になるほどの収入があった場合、過去にさかのぼって税金やペナルティー(追加徴税)が課せられる可能性が出てきます。

注意したいのは、家族の所得がアルバイトなどの給与所得でなくても、例えばFXやアフィリエイトなどの所得でもバレる可能性があるということです。

ちなみにFXはどんな風にバレるかというと、証券会社が税務署に提出している支払調書でバレます。

アフィリエイトの場合は、今現在はバレないかも知れませんが、銀行口座がマイナンバー提示の義務が実現された場合、バレることになります。(大部分のアフィリエイターは、銀行口座に成果金額を振り込んでもらっていますよね?)

銀行口座のマイナンバー記載義務はまだいつからと決まっているわけではありませんが、高額なアフィリ収入がある方は、今から適切な納税をした方がいいと思います。

関連記事
マイナンバー制度で副業はばれるの?
普通徴収にしても副業はバレる?
FXとマイナンバー

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。