So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバーと避難訓練 [マイナンバー災害]

マイナンバーと避難訓練について書きます。

徳島県美波町阿部地区では、2016年3月26日、マイナンバーカードを活用した津波避難訓練が行われたそうです。

住民ら約300人は、インターネット機能を搭載したテレビの画面の「すぐ避難してください」を見て8カ所の高台へ避難したそうです。

避難先では、マイナンバーカードを専用機器で読み取ったり、前もって個人情報を入力したICカードを自主防災会役員のスマートフォンにかざしたりして、「避難完了」の情報を登録。

日本テレビやNHKなどが、すべてのテレビ局のチャンネルで視聴者に避難を呼びかけるシステムの構築を進めているらしい。

この地域では2013年からこのシステムを使った避難訓練を行っているそうです。

昔は家庭でラジオをつけていたので、ラジオで情報発信をすれば良かったのでしょうが、今はほとんどの家庭でラジオを聞かなくなってしまったので、テレビが重要なメディアとなるのでしょうね。

でも、最近の若い人はテレビも見ない人も多くなってきているので、災害時にメディアにつながっていない人は情報の収集が難しくなってしまいますね。

※ここに書いている内容は、構想の段階で、2016年4月の時点では未定の為、可能性としての情報を書いています。必ずこうなるという保証ではありません。

関連記事
マイナンバーの情報提供ネットワークシステム
マイナンバーと災害対策
マイナンバー災害時の活用

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。