So-net無料ブログ作成

マイナンバーと情報提供ネットワークシステムの遅れ [マイナンバーの今後]

マイナンバーの情報提供ネットワークシステムの開始予定が遅れる見通しだということが5月10日に判明しました。

関連記事
マイナンバーと年金

当初の予定では、「情報提供ネットワークシステム」が稼働するのは国は平成29年1月から、地方の自治体では平成29年7月からだったのですが、

国の開始時期は、2017年7月以降に半年以上遅れるようです。遅れる理由は、日本年金機構の情報連携の開始が遅れるからとのことです。

つまり、日本年金機構でのシステム構築が遅れているのが理由というわけですね。特にサイバー攻撃などに対応するセキュリティー強化に時間がかかっている模様です。

ちなみに地方の自治体の開始は、予定通り平成29年7月から行う予定だそうです。

もともと日本年金機構では、2015年9月の法改正により、マイナンバーの利用が延期となっています。

ですので、現在は日本年金機構では、マイナンバーの記載のある書類の受付は出来ません。

日本年金機構でのマイナンバー利用の延期理由は、大量の年金情報が流出したことが原因のようです。

関連記事
マイナンバーの情報提供ネットワークシステム

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。