So-net無料ブログ作成

マイナンバーカードと旧姓 [マイナンバーカードとは]

マイナンバーカードに旧姓を併記できるようになるようです。理由は、結婚後も旧姓で働く女性が多いからだそうです。

その実現のために、住民基本台帳の施行令などを改正するそうです。

さらには、マイナンバーカード以外にも、パスポートや運転免許証などにも旧姓併記ができるように検討しているようです。

結婚後も旧姓で働く女性の意見としては、
・旧姓のほうが覚えてもらいやすいから
・万が一離婚しても世間にバレにくい
・旧姓のままのほうが、会社での手続きが少なくて済む

などがあるようです。

例えば、営業職などの場合、名前を変更することにより、顧客を混乱させてしまうのではないかとの配慮からのようです。

それでなくても、名刺を作り替えたり、メールアドレスを変更し、取引先の顧客全部に連絡をする…その一連の事務作業が面倒だと感じるようです。

また、古い顧客が名前を頼りに自分を探してたりすることもあるようで、起業されている女性や、キャリアを積んだ女性は確かに旧姓のままで仕事をしたいかも知れないですよね。

確かにインターネットを使って人名で検索したりすることってありますよね。名前が変わっていたらその人を探し出すことはたぶん、不可能ですからね。

関連記事
マイナンバーと扶養家族
マイナンバーと社会保険
健康保険とマイナンバー

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。