So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバーとスマートフォン [マイナンバーの今後]

近い将来、スマートフォンを使った本人確認システムが実現するかも知れないです。

スマートフォンにマイナンバーカードの情報をダウンロード、読み取り機にかざして本人確認をするシステムだそうです。

今現在はマイナンバーの利用は、社会保障と税、災害対策の3つの行政手続きのみに限定されていますが、将来的には、クレジットカードの決済や、病院での国民健康保険の本人確認などでの利用が想定されているようです。

政府は、2018年度に関連法を改正し、2019年度から実用化を目指しているそうです。

マイナンバーとスマホ認証

スマートフォンでの本人確認が実現すれば、マイナンバーカードやクレジットカードを持ち歩く必要なく、クレジット決済や本人確認ができるようになりますね。

でも、やっぱりそうなるか。。。と思いました。

政府は、マイナンバーの利用は、社会保障と税、災害対策の3つの行政手続きのみとは言っていたけれど、最終的には、クレジットカードの決済までマイナンバーの出番になるとは。

アメリカのケースのようにならなければいいけれど。と思いました。

アメリカでは、クレジットカードの発行が社会保障番号(アメリカ版マイナンバー)で出来るようになってから、なりすましによる詐欺が増えたとのことです。

私個人としては、クレジットカードをマイナンバーカードと連携させることはやりたくないです。
(↓ここから以下は私の個人的な見解です。事実とは違っているかもしれません。)

マイナンバーとクレジットカードを連携させるということは、すべての経済活動を管理されるということと同義だと思います。

つまり、あなたがいつどこで買い物をし、レストランで食事をしたか、まるでGPS機能のように過去にあなたが行動した経路を他人がたどれます。

人工知能の性能が向上している現在、そのビックデータは将来的に、何十年、もしかしたら、あなたの人生一生分を格納することが可能になるでしょう。

クレジットカードを連携しなければ、把握されるのは今のところ、あなたがどこに住んでいるか、どんな方法で収入を得ているか、どんな資産を所有しているかくらいですかね。

※以下に書いている内容は、構想の段階で、2016年5月の時点では未定の為、可能性としての情報を書いています。スマートフォンとマイナンバーの連携がどのような仕組みなのかは今の段階では詳しくはわかりません。個人的な見解を書いています。ご了承ください。

関連記事
マイナポータルとは
マイナンバーと奨学金
マイナンバーのマイキーとは
マイナンバー(個人番号カード)のコンビニ交付

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。