So-net無料ブログ作成
検索選択

クレジットカードのポイントの使い方 [マイナンバーの今後]

クレジットカードポイント使い方について、総務省は、各地の商店街でポイントを使って買い物ができるシステムを来年度中に始めるそうです。

具体的にはどうするかというと、

マイナンバーカードのICチップの民間事業者が利用できる部分を使って、クレジットカード会社のポイントや航空会社のマイレージを「地域経済応援ポイント」に交換

各地の商店街で「地域経済応援ポイント」を使って商品を購入

という流れだそうです。

クレジットカードのポイントや航空会社のマイレージは年間約3,000億円分のポイントが発行されるらしいですが、そのうちの4割は使用されないまま、期限切れになってしまうそうです。

この無駄になくなってしまうポイントを地域活性化に役立てようという試みらしいです。

よく考えたなぁと感心してしまいました。政府もこんなことよく思いつきますよね。

クレジットカード会社側や航空会社側のメリットは特になさそうですが、地方の経済が活性化されれば、自分たちも恩恵を受けると考えて前向きに検討しているようです。

クレジットカードのポイントって使い方が分からない人がいたり、使い道が限定されていたりして、使いたくても結局使えないままということはあり得ますよね。

1200億円分のポイントが地域に流れ込むことで、景気が上向きになればいいですよね。

関連記事
マイナンバーのマイキーとは
マイキープラットフォームとは
マイナンバーとスマートフォン

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。