So-net無料ブログ作成

法定調書とマイナンバー [マイナンバー その他]

法定調書とマイナンバーについて調べてみました。

法定調書とは、支払いをした者が税務署に提出を義務づけられている書類のことを指します。

関連記事
法定調書とは

簡単に言うと、いくらいくら支払いましたという報告書を税務署に提出しなければならないと法律で定められているというわけですね。

平成28年1月1日以降に提出する法定調書には、マイナンバーの記載が必要になったそうです。

◆支払いを受ける個人の方
・講演等を行う場合で、同一の支払者から支払を受けるその年中の報酬が5万円を超える
・不動産を個人の不動産業者又は法人に賃貸している場合で、同一の支払者から支払を受けるその年中の賃借料が15万円を超える

などの場合は、支払者に対して、マイナンバーの提供が必要になってきます。

マイナンバーの提供の際には、本人確認が必要になります。マイナンバーカードを持っている場合は、カードのみの提供で済みますが、マイナンバー通知カードの場合は、運転免許証などの身分証明書が必要です。

関連記事
マイナンバーが記載された住民票の写し
マイナンバー通知カードの封書を開封
マイナンバーと不動産

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。