So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバーを紛失したら悪用される? [マイナンバー 紛失]

マイナンバーを紛失した場合、悪用される可能性はあるでしょうか?

2016年の現時点では、マイナンバーを紛失しても悪用される可能性は低いように思います。

2016年現在の日本の法律では、マイナンバーの利用は、「社会保障と税、災害対策の3つの行政手続きのみで利用される」としています。

つまり、マイナンバーを収集するのは行政機関や、証券会社などの税に関する民間企業のみということです。

その上、マイナンバーを収集する際には「本人確認(顔写真でも確認する)」が必要なんですね。

ですから仮にどこかから不正にマイナンバーを入手したとしても、「本人確認」でバレます。

現段階で、悪用する人の目的は、なりすましによる不正受給である可能性が高いですよね。

例えば、社会保障(年金給付や雇用保険給付、児童手当、医療保険の給付など。)

これも行政機関では、本人確認をするでしょうから不正受給はできないと思います。

関連記事
マイナンバーと厚生年金基金

海外(アメリカや韓国)では、なりすましによる不正受給、クレジットカードや銀行口座を本人になりすまして作成し、クレジットカードや小切手で買い物をする詐欺などが横行しています。

関連記事
アメリカの社会保障番号のなりすまし
韓国のマイナンバー被害

どうしてこのようなことが起こるかというと、顔写真での本人確認がなされていないからなんですね。

マイナンバーと名前、住所だけで簡単に他人になりすますことができてしまうという。

日本では海外と違って、クレジットカードや銀行通帳を作るときは、身分証明書の提出が必要です。

2016年現在は、マイナンバーだけでクレジットカードや銀行通帳を作ることは出来ないですし、将来的にもマイナンバーがあるだけでは作成出来ないと思います。

少なくとも日本では、徹底した「本人確認」が行われている限り、海外の詐欺被害のようなことが起こる可能性は低いようです。

でも日本で、絶対詐欺被害は起こらないという確証はないですけれど。

マイナンバーカードに関しては、今後様々なカードとの一元化が検討されていますよね。

関連記事
マイナンバーのマイキーとは
マイキープラットフォームとは
マイナンバーカードの一元化

私は、マイナンバーの紛失以外に、一元化した他のカードの悪用も心配だなと思います。

マイナンバーカードを万が一紛失した場合、24時間365日対応のコールセンターに電話すれば一発ですべてのカードを停止することができます。

ですので、紛失に気付いてすぐに停止すれば、被害の心配はないかと思われます。

関連記事
マイナンバーを紛失!再発行できる?

マイナンバーカードを所有しているかたは、マイナポータルというサイトで自分のマイナンバーがどのように利用されているのかを確認することができます。

心配な方は、マイナポータルで定期的に確認すると良いですね。

マイナポータルは2017年7月からの運用予定です。
マイナポータルとは
マイナポータルの延期

マイナンバーカードに関しては、これからの政府の動向がまだ分からないので、何とも言えないですね。

関連記事
マイナンバーの情報管理は安全?
マイナンバーの再発行の手数料は?
紛失したマイナンバーカードが見つかった場合

マイナンバー目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。