So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバーカードと顔認証 [マイナンバーカード申請]

マイナンバーカードと顔認証について書きたいと思います。

マイナンバーカードを市区町村に受け取りに行くと、「顔認証」で本人確認をします。

顔認証とは、生体認証技術(バイオメトリクス biometrics)のひとつで、顔の画像をコンピューターで解析し、本人確認をするというものです。

人気アプリ「スノー SNOW」や「嵐のコンサート」の顔認証などが話題ですよね。

「通知カード・個人番号カードの交付等に役立つ 窓口業務必携!」という行政向けのマニュアル本があるのですが、

その中に、「マイナンバーカードの顔写真と交付申請者との同一性を確認するために顔認証システムを活用する」とあります。

市区町村の担当者がまず目視をして、本人確認が容易な場合を除き、顔認証システムも同時に行うとされています。

顔認証システムは原則として、全市区町村で導入するということです。

もし交付申請者が顔認証システムの活用を拒んだ場合、マイナンバーカードは交付しないらしいです。

それと、顔認証システムで本人と認定されなかった場合もマイナンバーカードは交付されないらしいです。

ちなみに顔認証システムは、歳をとっても画像が若いころの写真でも認証されるらしいです。

服装も、ひげや帽子、眼鏡、マスクで隠すでも問題なく認識するようです。

でも、今現在の認証技術では、正面以外の画像では、認識が難しいそうです。

ちょっと深読みしすぎるかもしれないですが、前にも書いたのですが、

関連記事
インドのマイナンバー

生体認証をマイナンバーと連動させるというのは、本当に「なりすまし」が通用しない世界になるという意味ですよね。

インドのマイナンバーで書いたように、防犯の意味で活用されれば、安全な社会が実現するかも知れません。

関連記事
マイナンバー目次



スポンサーリンク






マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。