So-net無料ブログ作成
検索選択
マイナンバー 詐欺 ブログトップ

マイナンバーと逮捕者 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバー制度、今まで特に大きな問題はなかったですが、最近、初の逮捕者が出ましたよね。

25歳の元会社員が、元上司の社用パソコンにアクセスし、マイナンバーカードの画像データを、自分の社用パソコンにコピーしたとして、マイナンバー法違反容疑で逮捕されました。

容疑者は、元上司のマイナンバーカードの画像を自分のパソコンにコピーし、他の社員にこの画像を見せたうえで、「1,000枚コピーして駅に貼ろうかな」とコメントしていたそうです。

今回の容疑者の目的は、元上司に対する嫌がらせですかね?

容疑者は、

続きを読む



共通テーマ:ニュース

マイナンバー詐欺の例 その2 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバーに便乗した詐欺の例を調べました。

ケース①
勤務先から委託されたという事業者からハガキなどでマイナンバーの提示を求められた。

ケース②
不審な業者からスマートフォンにメールが届き、お金を払えばマイナンバーの漏えいを防ぐことが出来ると書かれていた。

ケース③
市役所の職員を名乗る者からの訪問があり、マイナンバーカードの登録手数料としてお金をだまし取られる。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

マイナンバー 紛失のリスク なりすましや架空請求 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバーを紛失した時のリスクとして、なりすましや架空請求の可能性はあるのかを考察したいと思います。

なりすましが成立するのは、本人確認が確実に行われていない状態の時です。例えば、電話やメールなどでは相手の顔が確認出来ないので、相手が誰なのか分かりませんよね。

マイナンバーを既に導入している国の中で、アメリカなどは、社会保障番号(アメリカ版マイナンバーのこと)を使った詐欺被害が多いことで知られています。

アメリカの場合、住所と名前と社会保障番号だけで本人確認がされるそうです。これでは簡単に他人がなりすますことが出来てしまいます。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

電話でマイナンバーは詐欺! [マイナンバー 詐欺]

◆電話でマイナンバーは詐欺
市区町村の職員や、国が電話で市民の個人情報(マイナンバー、住所、生年月日など)を聞きだすことはありません。

マイナンバー提示の際には、厳格な本人確認が必要なので、電話やメールなどを通してマイナンバーの話題が出た時点で怪しいと思った方がいいです。

マイナンバーに関する窓口は、ほとんどが住民票を届けてている市区町村なので、電話でマイナンバーの話題が出たら、「あとでかけ直します」と言い、言われた電話番号にかけるのではなく、市区町村に電話しましょう。

●詐欺例
名古屋市の80歳女性の元に、昨年11月「国の機関から委託を受けた相談窓口」を名乗る人物から電話。

「マイナンバーが始まるので調べている」あなたのアドレスが災害時に家を提供する団体に登録されている。このままだと災害時に人が押し寄せる」と言い、

「登録番号」という架空の数字を伝え、女性に架空のNPO法人に電話するよう求めたそうです。

女性が言われた電話番号に電話し、登録番号を伝えると、最初に電話をしてきた人物から再び電話があり、「登録番号を教えたのは詐欺になる」などとして500万円を要求され、女性は自宅を訪ねてきた男に500万円を手渡したらしい。

その後もこの女性は何度も同じ手口にひっかかり、合計数千万円をだまし取られたそうです。

詐欺に関して思うのは、
①話が複雑で入り組んでいて、とっさの判断が出来ない。
②権威のある団体や組織名を語るので、相手が正しい事を言っているような気分になる。

詐欺に引っ掛かる人に関して思うのは、
①電話口の、見えない相手を簡単に信じる
②大金なのに、一人で決めて支払ってしまう。

電話やメールは相手の顔が見えないので、簡単になりすましが出来ます。このことは頭の片隅にいつも置いておいた方がいいですね。

あとは、大きな金額の場合は、いったん誰かに相談してから行動するようにすると、誰かが詐欺だと気づいてくれるかもしれません。

関連記事
マイナンバー提示で注意する事
マイナンバー詐欺の例

マイナンバー目次


共通テーマ:ニュース

マイナンバー提示で注意する事2 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバー提示の際に気をつけたい事を書きます。

マイナンバー法では、定められた目的以外で個人番号を他人に提示したり、収集することは禁止されています。

例えば、自分のブログやツイッターなどにマイナンバーを掲載することは出来ません。

もし掲載すると、個人情報保護委員会が削除を命令し、従わない場合には「2年以下の懲役または50万円以下の罰金」に問われる可能性があるらしいです。

実際に2015年10月にブログで番号を公開した千葉県の男性に削除を求めた例があるそうです。

法律で定められた目的以外の番号の利用も禁じられています。
例えば、(個人情報を盗む目的で作られた)ネットでの「占い」サイトでマイナンバーの入力を求められたりしても入力してはいけませんし、違法ですので気をつけましょう。

関連記事
マイナンバー目次



共通テーマ:ニュース

マイナンバー詐欺の例 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバー詐欺の例をネットで調べてみました。

◆電話でお金は「詐欺」
詐欺例①
「有料サイトの料金が未払いで、放置すると訴訟になり、履歴がマイナンバーに登録される」という不審なメールが架空の「国民消費生活組合」と名乗るものから届く。

その後メールにあった電話番号に電話すると、電子マネーを購入するように指示されたり、お金を振り込むように要求されるようです。

※訴訟履歴がマイナンバーに登録されることはないと消費者庁は注意を呼びかけているとのこと。

詐欺例②
「番号が流出しているから、お金を払って変えたほうがいい」

※マイナンバーが漏えいして不正に用いられる恐れがあるを認められた場合に限り、本人申請または、市区町村長の職権により変更することができます。

電話でマイナンバーの変更は出来ません。

関連記事
マイナンバーを紛失!再発行できる?

詐欺例③
「マイナンバーの暗証番号が漏れている。キャッシュカードや通帳を回収して確認します」と警察官を装う男からの電話。信じた女性は自宅近くに現れた男にキャッシュカードなどを手渡した。

※マイナンバーに関して、お金が求められることは絶対にないので、いかなる理由があっても、金銭を支払ってはいけませんとのことです。

◆特殊詐欺で使われるお金の受け渡し方法
①現金自動預払機(ATM)などで振り込ませるパターン
②本来は禁じられている宅配便での送付を依頼してくるパターン
③自宅に受け取りに来るパターン

そのやりとりのほとんどが電話だそうです。

※電話でかかってきただけで相手を信用しない。
「電話は相手の顔が見えないので、声だけで相手を信用しないようにしよう。」と普段から意識しておく。

関連記事
電話でマイナンバーは詐欺!

マイナンバー目次


共通テーマ:ニュース

マイナンバー提示で注意する事 [マイナンバー 詐欺]

マイナンバーは法律で定められた
「社会保障・税・災害対策」
という3つの行政分野のみで使う番号です。

決められた手続き以外でマイナンバーは、使わないものだということを理解することが大切。

マイナンバーを聞かれた場合には、利用目的をきちんと確認する。
むやみにマイナンバーは提示しない事が大切。

※マイナンバーの番号は自由に変更することはできませんが、マイナンバーが漏えいして不正に用いられる恐れがあるを認められた場合に限り、本人申請または、市区町村長の職権により変更することができます。

関連記事
マイナンバーを紛失!再発行できる?

◆マイナンバー詐欺の例
「新商品のサンプルが当たるのでマイナンバーを教えてください」
というような電話がかかってくるなど。

マイナンバーは関係ない人から聞かれることはない。
お店の会員登録や、電話での勧誘などで、マイナンバーが必要となることは絶対にありません。

もし聞かれても絶対に答えないようにしましょう。

電話でかかってきただけで相手を信用しない。
「電話は相手の顔が見えないので、声だけで相手を信用しないようにしよう。」と普段から意識しておく。

マイナンバーは大事な個人情報なので、SNSなどで他人に知らせてはいけません。

裏面のマイナンバーは、法律で認められた人しかコピーを取ったり、書き写したりすることは出来ません。例えば、レンタルショップやスポーツクラブなどで、裏面のコピーを取れば、法律違反になります。

関連記事
マイナンバーのコピーの保管はOK?

マイナンバー通知カードは身分証明書としては使えません。レンタルショップなどでマイナンバー通知カードは提示してはいけません。

関連記事
マイナンバー制度とは 2
マイナンバー制度とは 3
マイナンバー通知カードとTSUTAYA(ツタヤ)
マイナンバー詐欺の例

マイナンバー目次


共通テーマ:ニュース
マイナンバー 詐欺 ブログトップ
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。