So-net無料ブログ作成
検索選択
マイナンバー デメリット ブログトップ

マイナンバー訴訟その後 [マイナンバー デメリット]

マイナンバー訴訟は、2015年12月に東京、大阪、仙台、新潟、金沢などの5地裁へ提訴したそうです。

さらに2016年3月には、横浜、名古屋、福岡の3地裁へも追加提訴をしたそうです。

原告は、横浜201人、大阪146人、東京42人となっていて、8地裁合計では、485人もいるらしい。

東京のマイナンバー訴訟は、4月12日に行われ、個人情報の漏えいや、名寄せ、突合、なりすましに関しての、国の安全対策が不十分であると陳述したそうです。

原告の方たちの中には、弁護士さんや、税理士さん、元市長さんなども含まれます。

なので、漠然とした不安だけで提訴しているのではなく、行政側の内部事情にある程度精通したうえでの見解ですよね。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

マイナンバーと金庫 [マイナンバー デメリット]

マイナンバー制度の導入によって、金庫がひそかに売れているらしいです。

その理由は、大きく2つ。
・企業が従業員のマイナンバーを管理するため
・個人が現金を保管するため

◆企業
・従業員のマイナンバーは適切な安全管理のもとでの保存が義務付けられています。
・法定保存期間経過後は個人番号を削除したうえで、当該情報を削除したという記録を残す必要があるそうです。

マイナンバーの漏えいは厳しい罰則が適用されるため、それに備えて金庫を用意する企業が増えているそうです。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

マイナンバー訴訟 [マイナンバー デメリット]

日本で起きている「マイナンバー訴訟」について書いてみたいと思います。

◆マイナンバー提訴理由
「自己情報コントロール権」(自分のプライバシー情報の取り扱いを自己決定できる権利)

同意のないまま行政機関に共通番号付きの個人情報を収集・利用される制度は法律に反しているとの考え。

◆マイナンバー提訴で求めているもの
・原告の個人番号の収集、保存、利用、提供の禁止
・原告の個人番号の削除
・1人当たり10万円の慰謝料の支払い

続きを読む



共通テーマ:ニュース
マイナンバー デメリット ブログトップ
マシェリ(MACHERiE)「ライブチャット zeus」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。